「プラチナデータ」

監督 大友啓史

<あらすじ>

国民のDNA情報を集めたプラチナデータで犯罪捜査を行なう実験に成功し、得意の絶頂にあった科学者の神楽龍平(二宮和也)だが、システム関係者の連続殺人事件をDNA捜査にかけた結果、自らが犯人と断定されてしまう。
神楽の逃亡を研究員の白鳥(杏)が助けていたが、やがて彼女も殺害される。神楽を追う刑事浅間(豊川悦司)は、神楽の過去を知り、疑問を抱くようになる。

<感想>

原作は、話を複雑にひねりすぎている(それが東野圭吾の魅力でもあるのだが)印象がある。映画もそのもやもやを解消してはくれなかった。

とは言え、映像化された捜査システムなどは引きつけるものがある。これは映画の方が圧倒的に強い。ただ追いかけシーンは映画が得意な分野であるが為に、必要以上に長く、アクションと心理描写のバランスが取れていない感じがする。
二重人格という難しい役を二宮はうまく演じているが、全体を通しては豊川の存在感が圧倒的だ。

近未来という設定なので、あり得ないとは言えないが、この捜査システムは費用対効果が合わないだろうなと思う。これは映像になったために感じることではある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック