「アーチィスト」 モノクロ・サイレントという以外は平凡

監督 ミシェル・アザナヴィシウス

<あらすじ>
1927年のハリウッドで、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)はサイレント映画のスターとして君臨していた。ジョージは偶然知り合った新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)につけ黒子をすることをアドバイスする。
映画はトーキー時代を迎え、サイレントにこだわるジョージは自ら映画を製作する道を選ぶ。ぺピーがトーキー映画のスターにのし上がっていく一方で、ジョージの作品は興行的に失敗し、折からの大不況の影響も受け、ジョージは没落していく。

感想
サイレントからトーキーへという変化は必然だったと考えるのは、後の時代を知っているから言えることなのかも知れないが、それは3D化とは比べようのない、映画が娯楽としても芸術としても完成するための進化であったのだと思う。(3Dはしょせんキワモノだと私は思う)

その進化の中で取り残されたスターというのは事実としていたのかも知れないが、何だかジョージがサイレントにこだわる理由がよくわからないのである。「雨に唄えば」の大女優みたいに声が悪いというわけではないだろうし、トーキー化によって1秒当たりのコマ数が増えてそれまでのコミカルな動きがスポイルされる(チャップリンがトーキーを嫌ったのはそれが原因という説がある)のを避けたかったということでもなさそうだし。
そのせいもあって、ジョージがしだいに没落していく過程が退屈なのだ。
まあ犬の名演が救いではあるが、意地悪く言えば、困ったときは子役か動物を使うというのは定石である。
意地悪ついでに言えば、この作品をサイレント(正確に言えばセリフなし映画)にしたのは市場戦略上不利なフランス語を避けたためではないかと勘ぐってしまう。

トーキー化という時代を背景に使いながら時代の変化に取り残されるスターと、しだいに売れっ子になっていきながら彼への尊敬を忘れなかった新進女優の物語と思って観れば良いのだけど、そう考えるときわめて平凡な作品という気がする。

でも、この作品を作ったのは映画を愛してやまない人たちなのだろうと感じられ、アカデミー賞が映画関係者によって選ばれるということを考えると、作品賞受賞というのは納得できるのである。
冒頭の劇中劇のやりとり、なかなか舞台あいさつを譲ろうとしないスター、タップダンスなど映画的な伏線が埋め込まれ、ラストシーンではさわやかな感動を味わえる。

"「アーチィスト」 モノクロ・サイレントという以外は平凡" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント