「ミッドナイト・イン・パリ」 心地よい巨匠のお遊び

監督 ウディ・アレン

<あらすじ>
ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て切れずにいた。
その二人の前にイネズの男友達ポールが現れる。ポールとのつき合いにわずらわしさを感じたギルが一人で深夜のパリを歩いていると、古いプジョーに乗った男に誘われる。車に乗ったギルは1920年代のパリにタイムスリップしてしまう。

<感想>
ギルと婚約者の両親とのやりとりでギルの性格や思想と、両親がそれをこころよく思っていないことなどがわかってくるのだが、やや退屈する。ただウディ・アレンとは見た目が全く似ていないオーウェン・ウィルソンがかつてウディが演じていた主人公そのままの性格なのが笑える。

ギルが連れて行かれたパーティーでフィッツジェラルド夫妻と出会い、主催者がジャン・コクトーだと知るあたりからは、わかる人は思わずニヤリとしてしまうコネタの連発で俄然楽しくなる。特にヘミングウェイの描写は悪意を感じるぐらいおもしろい。ウディはヘミングウェイが嫌いなのだろうと思ったのは私だけか。

ピカソの愛人アドリアナが「パリの黄金期はベルエポック」だと言う。ベルエポックにタイムスリップするとゴーギャンが「ルネッサンス時代こそがいちばん」などと言う。懐古趣味は際限がないということをシニカルに描いているのだが、必ずしもそれを批判しているわけではなさそう。かつてのパリも現代のパリもそれぞれに美しい。それにしても、オープニングで映されるパリの街の魅力的なこと。

作品そのものは巨匠のお遊びという感じがしないでもない。でもその遊びにつきあうのも心地よいと思うのである。

"「ミッドナイト・イン・パリ」 心地よい巨匠のお遊び" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント